サブマリン

伊坂幸太郎のサブマリンを読みました。
この小説は、チルドレンという同作者の短編集の続編で、登場人物が同じでした。

少年犯罪を専門とする家庭裁判所の調査官の周りで起こる出来事がいろいろ連なって最後に全てつながる話でした。

感想としては、チルドレンは超えられないかなって感じですが面白かったです。伏線が綺麗に回収されているのですが、インパクトにかけるところがあったかなーって感じです。